『99.9』7話小ネタのネタバレ感想、ゲストキャストとあらすじ

よろしければシェアお願いします

99.9のネタバレ感想とあらすじ。小ネタとゲストキャスト

『99.9』7話のネタバレ感想、ゲストキャスト・小ネタとあらすじ

今回はドラマのクライマックス直前のおそらくは最後ののんびり回ということで格別小ネタが山盛りだった感がある。演出の木村ひさしのATARU感が爆発した『99.9』7話だった。

大手玩具メーカー・オロゴンホビーの社長(ゲストキャスト:大和田伸也)が、次期社長の座を狙っていたダメダメ副社長で息子の河村英樹 (高嶋政伸) に殺害されてしまう。
しかし逮捕されたのは、同社専務取締役・西岡 (ゲストキャスト:嶋田久作) だった。

もちろん今回のゲストキャストにも全部意味があります。ドラマには関係ないけど小ネタとして重要w

深山大翔 (松本潤) 、佐田先生(香川照之)、志賀弁護士(藤本隆宏) は容疑者である西岡の弁護人となり、当時の状況を聞くが、西岡は 「まったく身に覚えがない」と語る(やってないんだから当たり前だ)

立花彩乃 (榮倉奈々) も西岡の娘に話を聞くが、西岡は当時一緒に家にいて、アリバイがあると主張する。でもまあ家族の証言ってアリバイにならないからな…

しかし、決定的な証拠である “凶器の花瓶から検出された西岡の指紋” が、西岡を有罪へと追い詰める。

経営者としては無能のくせに父親殺しだけは完全犯罪で西岡専務への罪のなすりつけも完璧かに見える高嶋政伸演じる犯人に、刑事専門弁護士チームはどう立ち向かうのか。

ちなみにこの記事は本ブログの記念すべき99記事目の投稿になりましたが、図らずもそれが松潤のドラマ『99.9』の記事になりました!(フォロワーさんから教えてもらって初めて気づきました)

スポンサーリンク

松本潤『99.9』7話小ネタとあらすじのネタバレ

真犯人の河村英樹からの依頼という形で、斑目所長、佐田弁護士、志賀弁護士が企業からの弁護を請け負う。なんか佐田先生変わった気がする。以前までなら絶対企業の利益を優先してそうだけど、あくまで被疑者の西岡専務の弁護を優先すると明言。

小ネタ:サダノウィンが獲得した重賞が咲雷賞(櫻井翔)

明石さんはどうしてこんなにやることなすこと悲運なのか。番組冒頭から佐田先生の愛馬サダノウィンが重賞をとったときの記念品の脚を破壊して佐田先生に土下寝。めっちゃ怒られて土下寝。

そして人質にヒラメのスマホを持っていかれるw

ちなみにこのとき佐田先生の愛馬サダノウィン号が獲得した重賞のタイトルが咲雷賞、どう見ても櫻井翔です本当にありがとうございましたww翔潤歓喜wwww

今回の「99.9」7話では志賀弁護士と落合陽平も刑事専門弁護士チームに協力(?)してくれる初のパターン。

斑目事務所の弁護士連中、被疑者の話を聞きに複数人で押しかけて内輪もめするのほんとやめい!ただでさえ無実の罪で逮捕されてる被告人からしたら不安で仕方ないと思う…

今回3人で押しかけたメンバーがよりにもよって佐田先生と深山大翔、に加えて志賀弁護士。深山大翔と組むのは初めてだからいちいち深山大翔のやり方とぶつかって騒がしい…

小ネタ:オロゴンホビー社(≒ボビー・オロゴン)

大手玩具メーカーが会社名がオロゴンホビー社でいきなり吹いたwww小ネタまで深山大翔レベルの親父ギャグwww

ボビー・オロゴンこの後出てくるかしら???(さすがに出てこなかった)

小ネタ:大和田健介と大和田伸也の回をまたいでの親子共演

今回のゲストキャストの大和田伸也は殺されたオロゴンホビーの社長役。(大和田獏じゃないからね?)

たしか2話だったかで新犯人役の居酒屋店長やってた大和田健介は大和田伸也の次男。

回をまたいでの親子での出演になりました。

小ネタ:大和田伸也(水戸黄門の角さん)が殺されるとき印籠を出すw

ゲストキャストの大和田伸也、高嶋政伸に殺害されるシーンで不自然な動きは何やってんだ?今回の謎解きに関わる重要な伏線か?とか思ってまじめに見てたら、どう見てもただの印籠だったwwww

かつて水戸黄門の格さん役を演じた大和田伸也がゲストキャストということで完全に遊びすぎだろwwww

エイチゴーヤ社は越後屋、社長室の風車は風車の弥七

振込明細書に押されたはんこのエイチゴーヤ社はもちろん「越後屋」だし、社長室の風車は風車の弥七w完全に水戸黄門です本当にありがとうございましたwwww

さらに見直さないとわからないレベルの細か過ぎる小ネタは、振込明細書の会社所在地。

東京都中央区尾主茂(おぬしも)十二丁目
割世能(ワルよのう)ビルディング 完全に「お主も悪よのう…」w

しかも、振込先の口座が袖下(そでのした)銀行の握代官(悪代官)山支店www細かすぎだろwwww

小ネタ:家政婦は見た!(家政婦の名前が悦子さんw)

現場検証には深山大翔と佐田先生が仲よく2人で。口をだすなと佐田先生に厳しく言い渡す深山大翔。立場逆だろwwww佐田先生は生意気な若造にもやさしい人だなwww

しかし高嶋政伸の犯人役が怪しいことこの上なし。それから「あっ、あ、あっ、あっ」って口癖がうるさくてムカつくww松潤と「あっ、あ、あっ、あっ」「えっ、え、えっ、えっ」って言い合っててワロタwwww

そして現場検証をする深山大翔や河村英樹をドアの隙間から覗いて見てる家政婦、これはまぎれもなく家政婦は見た!…と思ってたら家政婦の名前が市原悦子と同じ悦子さんで笑ったwww

小ネタ:ATARUの嶋田久作、チョコザイの癖

被疑者の西岡専務役の嶋田久作、同じ木村監督のATARUでは中津川係長役だった。

花が好きという設定で亡くなった奥さんがフラワーアレンジメントをやっていた設定で、花瓶に刺さった白百合を見ながらチョコザイくんの右手の癖を真似てたw

効果音もATARUっぽかった。細かいw

日曜劇場『99.9』を見るならU-NEXT

U-NEXT

漫画家桂正和がアフロのかつらで登場。火曜ドラマ「重版出来!」の宣伝も

しかし志賀先生が佐田先生からぼろくそに言われててすごい笑ったwwwwだって佐田先生の言ってることがこないだまで自分が深山大翔に言われてたことと同じじゃねえかwwwww「俺たち刑事専門弁護士チームは~」とか言ってこの人かわいいなwww

そして志賀先生もかわいいな、顔めっちゃ強面なのに。。。斑目所長に「西岡専務が犯人ではないかもしれません」って、企業弁護士もつらいどすね。。

三倉山先生のアシスタント?誰かと思ったら桂正和先生本人かよ。。。「ウイングマン」「電影少女」「I”s」「ZETMAN」の桂正和先生、火曜ドラマの「重版出来!」の宣伝(?)までしてるww

注文してたのが「手羽」だから「ウイングマン」、「おでん」だから「電影少女」wwww無理やりすぎだろwwww

小ネタ:加奈子のCDタイトルが『銀シャリバンバン』(きゃりーのパクリ)

毎度いとこんちのシーンは小ネタのオンパレードだな…なんか最近普通にかわいく見えてきた加奈子ちゃん(岸井ゆきの)のCD(売れない)のタイトルが『銀シャリバンバン』、きゃりーぱみゅぱみゅのにんじゃりばんばんのなんと低レベルなパクリwww

佐田先生、あいかわらず深山大翔の寒いギャグがツボ

なんかもう小ネタでお腹いっぱいで、事件の謎解きとかどうでもよくなってしまったんですが、今回も料理しながら事件の真相に迫る深山大翔。

「指紋…子門真人…」子門真人は関係ねえよw

サイダーで植物が長持ちするってほんとなの?花好きな人とかならみんな知ってるのかしら?

深山大翔の変態ぶりが今回は際立ってた。花瓶の中の水を飲み干すシーン、佐田先生も立花彩乃もドン引きしてたじゃんwww

そしてそこからの知覚過敏(知覚花瓶)、ドゥーユーノーミー?(ドゥー湯呑み)のギャグで爆笑する佐田先生wwww立花彩乃の採点めっちゃ辛口だったけど、今回は普通に面白かったと思います。

スポンサーリンク

志賀誠(藤本隆宏)と落合陽平(馬場徹)も活躍の『99.9』7話

しかしまさか冒頭でかわいそうな明石さんが佐田先生の馬の置物を壊してしまったことまでドラマの展開に自然に繋がるとは思ってなかった。。。ブラモデルが得意な落合陽平(馬場徹)が立花彩乃に応援してもらって満面の笑みで大活躍。

ていうか最初志賀弁護士にしても部下の落合陽平にしても、刑事専門弁護士チームに敵対する感じの嫌な奴らかと思ってたのに、戸川奈津子(渡辺真起子)に惚れてる志賀弁護士といい立花彩乃に惚れてる落合陽平といい、意外とチョロいww

志賀弁護士もわりといいとこあるし、戸川奈津子にウインクした顔はキモかったけどww

今回も事件の真相を暴いて無事裁判終了。しかし切れた高嶋政伸の演技は鬼気迫って恐い…。この人こういう狂気的な演技ほんとうまい、ていうか高嶋政伸の場合どこまで演技なのかわからないけどw

佐田先生、志賀先生と過去にどんなしょうもない確執があったかはしらないけど、今回に限っては普通に協力してくれたんだし握手してあげてほしかったなー。。。ほんと子供だよなこの人たち…。

ジンクスを破ると縁起が悪いと言われて嫌々握手をするにもわざわざ階段の上に登り直して上からwwwよけい小物っぽいからやめればいいのにww

『99.9』8話の予告ネタバレ。逮捕された深山大翔と夏菜の関係は?

今回の「99.9」7話は久しぶりに平和な感じの雰囲気で、斑目所長も言ってたけど斑目法律事務所がチームで一丸となっていいスクラムを見せてくれた牧歌的な回…と思ってたら最後ですごいのぶっこんできた、まさかの主人公・深山大翔が殺人罪で逮捕…

佐田先生とか斑目所長が逮捕されて深山大翔が弁護って展開はあるかもと思ってたけど、逆に主人公が逮捕されて佐田先生に弁護してもらう感じの話の流れ。

どう考えても誰かにハメられたんだろうけど、ハメたのは誰だ?

1,最後のシーンで思わせぶりに突如登場した夏菜

2,大友修一検事正側の人間が邪魔な深山大翔を排除しようとして

3,斑目所長

3の展開だけは絶対やめてほしいしそれはないと思いつつ、前回のラストで深山大翔の父親・深山大介の仇と思しき大友修一検事正と関わりがあることが明らかになったからこの人もまだどうなるかわからない。

大友修一検事正も深山大介と同じラグビー部の仲間つながりだったのかな?でもまあさすがに検事だの弁護士だのが人殺してその罪を深山大翔に着せて計画的に排除…みたいな黒すぎるドラマではないと思うので、となると俄然あやしいのは夏菜。

だいたい誰だこの女は?深山大翔とはどういう関係なんだろう?なんとなく深山大翔の過去とか家族も絡んでくるんだろうか?

とりあえず次回『99.9』8話の予告では斑目所長が深山大介との関係を少し語ってくれていたから、6月19日の10話(最終回)に向けて、いよいよドラマも佳境に入っていく模様!

小ネタも面白いけど肝心の物語の伏線を綺麗にたたんで終わらせてほしいところ。次回6月5日放送の『99.9』8話も楽しみです。

追記:逮捕されたというのにいまいちシリアス感がない深山大翔と、深山救助に必死な明石さんのギャップが最高だった『99.9』8話の感想更新しました!

『99.9』8話ゲストキャストと小ネタのネタバレ。感想とあらすじ

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする