嵐の顔認証は機械じゃなく目視!方法や抜け道、ツイッターでの声

よろしければシェアお願いします

4月25日フジテレビ「とくダネ!」で、嵐をはじめとした人気アーティストのコンサート入場に顔認証システムが導入されていることを取り上げていました。

顔認証にはシステムとして機械を取り入れて話題になっていましたが、4月23日からサンドーム福井で始まった嵐のアリーナツアーの顔認証は機械ではなく目視でした。

嵐のアリーナツアーでの実際の顔認証システムについての方法や抜け道、ツイッターでの報告や感想も調べてみました。

スポンサーリンク

顔認証システムの機械や目視の実際、方法や抜け道

まずは4月25日の「とくダネ!」での嵐を中心とした他アーティストも含むコンサートでの顔認証機械やシステムの紹介、不正転売問題、空席問題、マッチングシステムの例、コメンテーターの会話など、詳細の文字起こしから。

(MC・小倉智昭、菊川怜、笠井信輔、梅津弥英子 コメンテーター・夏野剛、橋口いくよ サブアシスタント・森本さやか)

菊川「チケットの転売防止のため、嵐のツアーで本格導入された顔認証、いったいどんなものなのでしょうか」

嵐のアリーナツアーの顔認証は機械ではなく目視

一昨日(4月23日)スタートした、人気グループ「嵐」の全国ツアー。
(嵐メンバーの顔イラストとともに『愛を叫べ』が流れる)

日本一、チケットが入手困難とも言われる嵐だが、その会場では、ある変化が。

それは「目視による顔認証
今回、嵐(ジャニーズ事務所)が本格導入したのは。
チケットを申し込む際に、顔写真を登録。ライブ当日、主催者側は顔写真をもとに入場者を目で見てチェック。転売されたチケットではないか確かめる、というもの。

嵐アリーナツアー2016サンドーム福井

ももクロやミスチル、B’zの顔認証は機械方式

こうした顔認証システムを、世界で初めてコンサートで導入したのが、ももいろクローバーZ。
(ここで「ももいろクローバーZ 桃神祭2015 エコパスタジアム大会」の映像が流れる)
昨年末(2015年12月)のライブで、顔認証による本人確認を行った。
(ももいろクローバーZ FC限定イベントの映像流れ)

他にも、
(Mr.Children 映像と『抱きしめたい』流れる)
(福山雅治、顔イラストと『桜坂』流れる)
(B’z 映像と『OVE PHANTOM』流れる)
人気アーティストが次々と顔認証を導入。

ももクロなどで導入されたのは、目視ではなく、機械で行うものだった。

チケットの不正転売、高額売買対策

チケットの購入や入場に手間がかかる顔認証を、なぜ導入したのか。
その背景にあるのが、チケットの不正転売。
(チケット売買を取り扱うサイトの映像。280,000円/枚 420,000円/枚 などの記載が見える)

こちらのサイトには、アーティストのチケットが出品されています。定価よりもかなり高額です。
これは転売を目的とした、ネット上のサイト。

嵐のチケットを見ると、定価1万円程度のものが、42万円、取引は完了となっている。高額にも関わらず、誰かが購入したということだろうか。

ネットなどを通じて高額で取引されるチケットに、ファンも困惑する。

(街頭インタビュー)
嵐ファン18歳「転売とかっていうのは(嵐に)申し訳ないし、ダメですし。そういうのは」
嵐ファン40代「オークションとか、そういうのはちょっと違うんじゃないの、って。本当に行きたい人が、行けていない」

ネットでのチケット転売を規制する法律や条例はない

そもそもチケットの転売は、法令などで規制されている。
ヴァスコ・ダ・ガマ法律会計事務所の村瀬貴文弁護士の話
「ライブ会場の外であったり、公の場で転売するような行為というのは、迷惑防止条例で禁止された行為にあたるので、
違法になる可能性があると理解されています。
ネットで転売すること自体を規制する法律や条例はない。

規制する法律などがない、ネット上での転売。だが、高額な取引が続けば、入手しづらくなる。
そこで、不正な転売を防止する決め手となるのが、顔認証システム。
その実力は?(顔認証システムを)運営する会社を訪ねた。
(東京・渋谷区の会社、テイパーズ)

機械による顔認証はどこまで正確なのか?

こちらのシステムでは、購入時に送った顔写真を、ライブ当日、カメラとコンピューターを使って照合。
高塚玲奈ディレクター「まず、カメラの前に立ちます。このように、チケットをかざすと、座席券が出てきます。」
顔写真と入場者が同一人物と判断されると、初めて発券される。
写真と違う人がカメラの前に立つと。(別人による実験)モニターに「スタッフを呼んで確認ください」という文字。即座に別人と判断した。

写真と見た目が違う場合、どう反応するのか。(本人が眼鏡をかけ帽子を被る)「登録した写真と違う服装をしていても、認識されました」

このシステムでは、目、鼻、口などで顔の特徴を認識するため、外見が変わっても、別人と間違えることがないという。

さらに、こんなメリットも。目視に比べ、2倍近くのスピードで認証することができる。

テイパーズの冨澤孝明常務の話「(来場者から)身分証明書を入場時に用意しなくて良かった。顔認証が思った以上に早かった。というご好評を頂いております」

嵐ツアーチケットの顔認証システムの空席問題

(嵐イラストと『サクラ咲ケ』流れる)
嵐のツアーでも始まった、目視による顔認証。ファンは?
(街頭インタビュー)
嵐ファン27歳「安心だよね(自分が)入れなかったとしても。見たい人が入れるならいいかな、とは思います」
嵐ファン40代「ちゃんと、行きたい人が行けるようなシステムとか仕組みを作ってもらえれば。
本当に行きたくて泣いちゃってる子もいるし、悲しんでる子もいるし。そういう子が行けるようになればいいかなと」
嵐ファン23歳「転売は防げますけど、突然行けなくなっちゃったりすると、その分、行く人が減っちゃうから、そうなると席に穴が空いちゃうかなってのも」

顔認証の問題で懸念されるのが、空席問題。その対策は・・・。

ライブやコンサートに行けなくなったらどうするのか?

~スタジオ~

小倉「ライブ直前になって、行けない人が出てくるのは、これ、いろんなケースがあると思うんだよね。
それを譲ってあげた人が、顔認証で、入れない、ということになったりするわけでしょう」
森本「はい。ですから、運営側も苦渋の決断だと思うんです。昔だったら、行けなくなったら譲ることもできたけれども。
それができなくなっている現状というのは、やはり、不正に転売、そもそもお金儲けを目当てに転売している人がいるので。
それを防ぎたいのが運営側の思い。一方、ファンとしては、行けなくなった時には?と。いろいろな意見があります。」

嵐のコンサートチケットの転売対策の賛成と反対

(パネル)
《コンサートチケットの転売対策が厳しくなることについてどう思いますか?》(ORICON STYLE調べ 調査対象は全国1000人の男女)

賛成72.6% 反対27.4%

賛成意見例
「適切な値段で本当に参加したい方々が買えた方が、アーティストにとってもうれしいと思う」
「金もうけしたいだけの人へチケットが回ってしまうのは許せない」

反対意見例
「転売の悪用はだめだと思うけど、行く側にも都合が悪くなってしまうこともあると思う」
「コンサート会場で空席があるのは寂しく思う」

スポンサーリンク

マッチングシステムは嵐のチケット不正売買対策の切り札となるか

森本「この、反対の意見を組み込んだ、一番新しい対策として
マッチングシステム というものがあります。
(他アーティストのファンクラブでこれを取り入れているところがあるという)

マッチングシステムとは?

マッチングシステムの説明パネル
《やむを得ない理由で来場できなくなった場合のみ、定価で譲渡を仲介する公式システム

ファンクラブ、運営側が行う、公式のシステムとは。

チケットを購入したが行けなくなった人と、チケット購入が叶わなかった購入希望者は、ファンクラブサイトに登録。

ファンクラブサイトでは、厳正なる抽選を行い、当選者は、チケット購入の権利が得られる。

ファン、企画運営者、転売ヤー、三者三様の思惑

小倉「自分が必死な思いをして取ったチケットを、自分の知っている人で一番行きたい人に声をかけて譲ってあげるというのも、ありだと思うけど」

橋口「それが通常の感情だと思うんですよ。私はアーティストの運営側に関わることも多いので、運営の気持ちもわかります。
きちんとした形で、きちんとした値段で、ファンの方々に行き渡ってほしいという気持ちと。
でも、個人的に、女の子のアイドルのファンですけれど、ファンの心理っていろいろあって、
自分が行きたいという気持ちと、自分の好きなアーティストをもっと身の回りの人に広めたいという気持ちがある人がすごく多い。
なので、人によっては、自分でチケットを買って、プレゼントする人すらいるんです。
エンターテイメントって、そういうフットワークの軽さ、気軽に楽しめる部分が、良さでもあるのに。
段々、こうして閉鎖的になっていくと、やっぱり全体の衰退にもつながるんじゃないかと心配はあります」

オークションでのチケット入手

小倉「オリンピックやワールドカップの現地で、我々、チケットが手に入らなくて、公式だと思いますがオークションサイトで買うんです。
それで堂々と販売しているわけなんですけど。そういうのも一方であるわけじゃないですか」
夏野「ビジネスとかマーケティングという観点から考えると、人気のあるコンサートのチケットというのは、ものすごく割安になっているわけです。
先ほどの、28万円とか42万円とか、あれだけのお金を出しても買いたいという方々が一方でいるまんま、
1万円という定価で、1本でやっていると、どうやっても、抜け道を探る人が出てくるので、これに対して一生懸命、テクノロジーで阻止しようとしているわけですけど
もう一つの考え方としては。いろんな席種を作って、高い席から安い席まで作ってやるということも、テクノロジー的にはできるわけですね。
ですから、興業元も、これからいろんな試行錯誤が出てくると思います。技術的にはどんどん安くなるし、どんどん便利になる方向だと思いますので
いろんなバリエーションが出てきたら良いんじゃないかと思います」

チケットの種類を増やして選択肢を広げる

小倉「最近は、海外から来る人気アーティストは、VIP席が定番になって。35000円、5万円、10万円、そっから売れていく時代なんですよ。難しいよね、チケット販売って」
梅津「娘などが(コンサートに)行く親御さんにしてみれば、チケットの値段が単純に上がるというのも、うーん・・・という思いの方もいらっしゃるかもしれませんね」
夏野「チケットの種類を作るのが良いと思いますね」
梅津「選択肢を広げる」
小倉「海外のアーティストの中には、我々は人気があるんだから10万円でも当たり前だという考えのアーティストもいますから」
菊川「いろんな人に観てほしい、というのもあるし」

嵐のアリーナツアーチケット顔認証をめぐるツイッターでの声

「とくダネ!」には取り上げられていなかった、嵐ファンの声の例(ツイッター等で見かけたもの)

・顔写真の登録時に複数名義による登録が弾かれないことが問題だから、写真登録の時点で重複申し込みに対して厳しくしてほしい

・今回のアリーナツアーに関しては特に、昔のアリーナ時代をよく知る古くからのファンを優先的に当選させてほしかった

・当日の都合が悪くなっての欠席者が増えることよりも、不正な売買業者が減ることのほうが、嵐やファンのためになる

・・・という意見や願望も多く見られました。

嵐のアリーナツアー目視による顔認証で報告された抜け道

さらには4月23日からの嵐のアリーナツアーサンドーム福井では、目視による顔認証の抜け道や不安、不満などの報告も相次いでいる模様。

もちろん虚偽報告の可能性もありますが、一部には目視はスタッフが適当にやってるだけだから簡単に顔認証をすり抜けられたという声もありました。

落選組の声「当選者に複数名義の人がいるのはおかしい」

当選者は男の名前なのに実際の参加者は女の人とか、複数名義の人がいるのはおかしいという落選組の声も多数ありました。たしかに正直に自分の名義だけで申し込んでる人がバカを見ている側面は否定できないと思います。

嵐のツアー顔認証で引っかかった場合免許証など顔写真付きの身分証明書が必要

嵐のアリーナツアーの顔認証で引っかかった人は、横のテントに連れて行かれ、そこでスタッフにリンチ…はされず、顔写真付きの身分証明書の提示を求められるそうです。

でもここで顔写真付きの身分証明書を実際に持ってなかったり、あるいは持ってないと言い張ったりしたらどうなるんですかね?

「え?いや、本人なのに顔認証通らないなんて思ってなかったから免許証とか身分証明書持ってきてないんですけど?」とかって言われたら、スタッフとしても怪しいとは思いつつも参加させないわけにはいかないんじゃないでしょうか。

やはり完全に抜け道を塞ぐというのは難しいのかもしれません。

嵐のアリーナツアー顔認証をめぐるジャニーズ事務所への不満の声

運よく入れりゃラッキーという人間がすんなり目視による顔認証や、あるいは複数名義での申し込みで参加できているんだとしたら真面目にエントリーした人間(まして落選組だったりすると)はやりきれないよ、ジャニーズ事務所は罪深いという声も多く見られました。

嵐アリーナツアーの顔認証はどんどん厳しくなってるとの声も

しかし、回を重ねて多少スタッフも勝手がわかってきたのか、顔認証が日ごとに厳しくなっているという声も。

https://twitter.com/nattyo_orange/status/724103189314736128

システムへの不満はともかく、嵐を責めるのは違う

ただ運営やジャニーズ事務所、スタッフとしてもできることには限界があるし、顔認証というシステムもメリット・デメリットを秤にかけた上での苦渋の決断であったことは確かだと思います。そりゃ不正売買とかなければこんなのないほうが運営だって楽に決まってますから。

もちろんどんなシステムにも抜け道や穴はあり、ましてまだ顔認証というシステムは導入期なわけですから、不満や問題点、改善点が出てきてしまうのはやむをえない側面もあると思います。

もちろんあからさまにいい加減な手抜きや不手際で不正がまかり通るようなことがあると、正直にやってる人間にしたら怒りすらこみ上げてきますが、当たり前ですが嵐のメンバーには責められるようないわれはないですよね。

せめて落選しても納得できる公正な判断と運営を希望

まだまだ嵐のアリーナツアーでの顔認証は業界でも先鞭といった意味合いが大きいので、スムーズに行くことばかりではないのでしょう。そこに抜け道を見つけようという人間が出てくることも残念ではあっても仕方ないのかもしれません。

とはいえやはりそれで落とされた側の人間にしたら悔しいし絶対に許せることではないと思うので、ジャニーズ事務所と運営にはどうかこれからも公正な判断への取り組みを続けてもらいたいですよね。

嵐のアリーナツアーの目視による顔認証について、実際の方法や抜け道、ツイッターでの声のまとめでした。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする