嵐にしやがれで松本潤VSムロツヨシの事務所HP宣材写真変更対決!

よろしければシェアお願いします

5月14日の嵐にしやがれTHIS IS MJのコーナーは松潤VSムロツヨシのHP宣材写真変更と番組コーナー名変更を懸けた、アクション3番勝負

MJ対決はこれまで、生田斗真、亀梨和也、手越祐也と来て、ここでなぜかムロツヨシ。

それは松本潤とプライベートで親交深いムロツヨシが、アクションならばMJをギャフンと言わせられると思って持ち込んだという企画。
(兼、映画『HK / 変態仮面 アブノーマル・クライシス』の宣伝)

嵐にしやがれ(5月14日)松潤はチョコアイスしか食べないことが発覚

スポンサーリンク

松本潤のタイトル名変更とムロツヨシの宣材写真変更をかけた対決

むっちゃカッコつけた宣材写真を引っ提げて挑戦に来たムロツヨシ、
MJには「これは宣材写真を使ったボケですよね」「ムロくんが運動神経いいと思ったこと無い。走り方とか変」とバカにされ
ムロは負けじと「何、勝手にMJ名乗ってんだオイ!明日から”THIS IS MJ(MJとはムロツヨシJAPANの事です)”とコーナー名を変えてもらおうか!」

アクション3番勝負にもしも3連敗したら、ムロツヨシはこの超カッコ良い、松潤に「詐欺まがい」と言われたプロフィール写真を、HPから降ろす。
という公約が宣言された。

ムロツヨシが嵐にしやがれで松本潤と対決、事務所HPの宣材写真変更に

女子がキャーキャー喜ぶ自転車の乗り方

アクション監督、出口正義さんの指導で、まず教えてもらったのは、ポールライド。
お手本では、走っていって自転車の横のポールに飛びつき、掴んだまま横回転しながら、自転車のサドルに飛び乗る。見事なスマートアクション。
高いジャンプ力と、遠心力に負けない腕力が必要。しかし、一歩間違えば、お尻と股間に非常に優しくない事態が起こる。

先攻、MJ 自信満々で手拍子から入り、アクション。サドルに落ちる際に、かなり尾てい骨を強打したように見えたが、かろうじて成功、ヒャハハハハと笑いながら漕ぐ。
後攻、ムロ ポールから自転車へ飛び移る時に落ちた場所が、サドルよりも前方過ぎた。滑り落ちた下半身の大切な部分が、自転車のフレームに突撃。
ジャンプしてからの記憶がないというムロツヨシ、災難。
この勝者はMJ。

いざというときに女子を守るかっこいいケンカ

映画「クローズ」シリーズで知られるアクション監督、辻井啓伺さんの模範演技。
7人のチンピラ役たちに「サマーソルトキック」「組み手」「ローリングキック」「三角跳び蹴り」「ハイキック&正拳突き」を浴びせていく。
ムロツヨシは、スタッフに、手足のリーチが短いことを心配されていた。
2人には、1時間の練習時間が与えられる。
その練習の間、視聴者向けには、恒例・箸休めVTR「日常生活で使えるカッコイイ裏技」
いつものようにくだらない、お役立ち裏技の紹介

裏技紹介VTRで妖精と魔王を演じる松潤

大量の段ボールを一気に運ぶ

ムロ「さあ段ボールでも片付けますか」うまくまとまらない
MJ「ブー!」
ムロ「誰だっ!」
MJ「君にしか見えない妖精だよ~(裏声)」
ムロ「妖精さん!」
MJ「一番大きな段ボールを広げて、その中に残りの段ボールを詰めていく。大きな段ボールに両腕を入れて、そのまま起立!ほらすごいでしょ~(裏声)」
ムロ「ヨー!セイ!(妖精)」

納豆のフィルムをスマートに取りたい

MJ「ヤッパリ ニッポンジント言エバ 納豆ゴハンダヨネ~(外国人風)」手がベタベタ
ムロ「ブッブー!それじゃあお手々がクッサクサ。」
ウィンクしながら割り箸を取り出し
ムロ「フィルムの中心に箸を差し込みクルクル回転させる」すると、割り箸に巻きついて、フィルムがスムーズに取れた。

ニンニクの皮を一瞬で剥きたい

ムロ「これで精力つけよっかなあー」ニンニクの皮を剥いている
MJ「ブッブー!」
ムロ「誰だ!?」
MJ「君にしか見えない魔王だよ・・・」
ムロ「魔王・・・・・・・」
MJ「ボウルの中に丸ごとニンニクを入れ、同じサイズのボウルでフタをして、シェイク」開けると、皮の剥がれたニンニク。
一緒に頭部をシェイクさせるムロツヨシ

こんなコントが終わって、いよいよ喧嘩アクション披露

先攻ムロツヨシ「俺の名前はカタカナ5文字でムロツヨシだ!」

先攻、ムロツヨシ チンピラに絡まれる女の子を見て、気弱に「おい、その子を離せ」
チンピラ「誰だよお前?」
ムロ「お前じゃない。俺の名前は、ムロツヨシだ」銀縁メガネの奥で泣きそうな瞳
たちまちやられて両脇を掴まれる
チンピラ「出直して来な!モロさん」
名前を間違えられたムロの目が鋭く光る。ここから急に強くなる
ムロ「俺の名前はムロツヨシだ!」サマーソルトキックも決めて「カタカナ5文字で、ムロツヨシです!」
どことなく笑いを誘うアクションシーンを熱演。

松本潤「俺の名前は、MJだー!」

後攻、MJ チンピラに絡まれた女の子を助けようとするのも、名前にこだわって途中から強くなるのも、同じ設定、
だがしかし、のび太の大人版のような松潤がかわいい!
チンピラ「こいつ、松潤じゃねーか」
MJ「俺の名前は、MJだー!!」
映画を見ているようにカッコイイ立ち回りを演じてくれました。どの瞬間も絵になる松潤。
ムロさんも「あれっ?カッコイイぞ・・・」
VTRを観ている嵐からも声援。
喧嘩アクション判定は、MJの勝ち。

スポンサーリンク

女子がキャーキャー喜ぶ車の乗り方

(※いつも思うんですが、本当に女の子はこんなことでキャーキャー言うのか疑問)

さっきの出口さんが模範演技。
オープンカーの後部に向かって走り寄り、車体に手をつき、体を地面と水平にしたら、そのまま足を抜き、座席へめがけて飛び乗る。
ポイントは、恐怖心をなくし、思い切り跳ぶこと。勇気が必要。

先攻、ムロツヨシ 
車に駆け寄る女の子「お待たせ~」
ムロ「遅いぞっ、コラ(*^_^*)(←こんな感じの口調)」車のドアを開け「ほら、お乗り」
女の子「もう、ムロったら紳士」
ムロ「そこ、動いちゃダメだぞ。バックミラーで見てて」
笑顔で走り去り、また走ってくるムロ、座席へドサッとナイス飛乗り成功。
ムロ「マチコ、行くぞ」(女の子の名前、ムロさん的にはマチコなんだ・・・)

後攻、MJ
女の子を座らせるまでの小芝居は省かれた。
果たして行けるか?
ジャンプしてスマートに滑り込むMJ、それを見つめる隣の席の女の子の表情がキラキラ
MJ「(女の子と)目が合った瞬間、なんか妙な高揚感があった」

ビデオ審査で判定。
結果は、MJの勝利。
決め手は体重差。ムロさんが飛び乗った時、座席のバウンドがスマートじゃなかったらしい。

ムロツヨシの事務所HPの宣材写真が変更に

アクション対決、MJの3連勝。と同時に、ムロツヨシの事務所HPに記載の宣材写真、変更が決定。
ムロ「このコーナーが終わった瞬間から切り替わってるから、今、まだ見られますよ、昔の写真が!」
ところが、この放送を見た人々の大量アクセスにより、事務所HPは一時ダウン。
そのため、プロフィール写真の切り替えをしようとしたスタッフが、しばらく作業できなかったという。嵐ファン、すごいですね。
変更後の写真も、割とかわいいです。

(※「ムロツヨシ 宣材写真」で画像検索したところ、ひとつ新井浩文さんの写真が混ざって出てきました。紛らわしいです)

この後の「大野智の作ってみよう」にはSexy Zoneの菊池風磨が登場!

嵐にしやがれに菊池風磨(Sexy Zone)!ポップコーンでビビりまくる

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします

フォローする